人生で一度は見たい、オーロラ鑑賞旅行

ハネムーンはハワイなどのバカンスでなく、一生に一度でいいから行ってみたい、やってみたいことをやろうと昔から決めていました。
その中の一つオーロラ鑑賞をすることにしました。場所はフィンランドのロバニエミという都市。

日本から直通便はなく、一度ヘルシンキまで飛び、そこから国内線でロバニエミまでとびました。
雪国だからか、遅延が頻繁にでるようで、私たちも一時間遅れでロバニエミという都市まで到着しました。
ロバニエミは本当に小さい都市で、夜はほとんどのお店がしまってしまいます。

1月にいったのですが日照時間は5時間ほどととても短く、日中はサンタクロース村などで過ごしました。
ここではサンタクロースと会うことができ、郵便局では次のクリスマスに届くように手紙をだせたりととても楽しむことができました。
夕方からはオーロラ鑑賞に出発。気温はマイナス30度で防寒対策はいくらしても足りないほどで、本当に寒いです。
しかし寒ければ寒いほどよく見えるということで、期待して観測スポットの湖へ。
観測スポットへ行き、全ての明かりを消すとうっすらとですが、確かに肉眼で確認することができました。
やはり言葉では言い表せない感動がそこにはありました。一生に一度の夢、叶ってよかったです!