視力が悪くて特に不便を感じるメイクの時間

私は、もう中学生の頃から視力が悪くなり、今までに何度も不便をしいられることが多かったのですが、最近視力が悪くて特に不便に感じている時は、メイクをする時です。

化粧下地からファンデーション、ポイントメイクなど最初から最後まで、鏡擦れ擦れまで近寄ってメイクをしております。
【副作用あり?】めなりの効果と口コミ!私が実際に使ってみた体験談

化粧下地やファンデーションはそこまで近寄らなくていいのではと思われるかもしれませんが、だいたいで塗っていると塗りムラなどが出来ますから、鏡に近寄らなければなりません。それに一番近寄るのは、アイメイクの時です。特にアイラインを引く時は、もう鏡との距離はほぼありません。そこまで近寄らないと、しっかり引けなくなるのです。
ですので、おそらくメイクをしている私の姿は異様だと思いますので、とても恥ずかしいですし、時間もかかりとても大変です。
コンタクトをしてメイクをしたらいいのではと思った時もあったのですが、コンタクトは私にはいくぶん合っていないようで、一定の時間が経つと決まって曇り始め、ダメになってしまいます。ですので今の異様なメイク姿が、一応試行錯誤をして辿り着いた姿です。
どこまで視力が悪いかというと、わかりやすく言うならば、視力検査の一番上の黒い円形が、以前は少しぼやけているだけだったのですが、今では輪郭さえもぼやけてほぼ形さえもわからない状態です。
視力は悪くなるだけ悪くなりましたので、もうこれ以上悪くならないとは思うのですが、眼鏡がない生活は全く考えられない状態です。
昔の視力が良かった頃が、とても懐かしいです。